ただいまホームページのリニューアル中です。完成までしばらくお待ちください

当院では通常の抜歯、親知らず(智歯)の抜歯、歯や口の中の外傷、粘膜疾患、顎関節症などの診断・治療を行っております。 通常の抜歯は常時行っておりますが、親知らず(智歯)の抜歯や専門的な診断を要する症例に関しては大学病院口腔外科の専門の先生が治療を行います また、口腔がんや当院の環境で処置が困難な場合は大学病院と連携・紹介しています。

鈴木歯科医院の口腔外科

患者様にあった治療計画

糖尿病や骨粗鬆症など全身疾患に関わる病気をお持ちの方は、病気の現状やお薬などを歯科医師までお伝えください。 患者さんに合った治療計画の立案を行っています。

口腔外科専門先生による治療

親知らずの抜歯は、通常の抜歯と異なり、覆われた歯肉の切開や歯の切削を行いますが、当院では口腔外科の専門の先生が施術しますので、安心して治療を受けることができます。

大学病院との連携

通常の抜歯は常時行っておりますが、親知らず(智歯)の抜歯や専門的な診断を要する症例に関しては大学病院口腔外科の専門の先生が治療を行います。また、口腔がんや当院の環境で処置が困難な場合は大学病院と連携・紹介しています。

抜歯後の注意点

・抜歯後10~15分ほどガーゼを噛んで圧迫止血をします。

・麻酔は個人差がありますが2~3時間程度は効いています。抜歯後すぐのお食事は避けて その間は唇や舌を噛まないように注意してください。

・血の味がしてゆすぎたくなりますが、2~3日は強いうがいは避けてください。

・抜歯当日はお風呂、お酒、運動はやめましょう。