根幹治療について

・・・

抜髄

C3まで虫歯が進行してしまって熱いものがしみたりズキズキ痛みが止まらない状態になると、神経をとって痛みを治める治療をします。これを抜髄といいます。 

初診時は痛みを我慢できるぐらいであれば応急処置で一旦痛みを緩和してから次回に抜髄する場合もありますが、痛みが激しいときはその場で抜髄もやむおえないこともあります。 

麻酔をして治療中痛みが出ないようにしてから処置に入ります。 

1回の抜髄で根の先まですべての神経を取り去るために、根の長さを図る器械で測りながら処置していきます。 

かみ合わせの部分に大きな穴をあけますが、根の中の神経をしっかり取り去るためには、神経の入り口を目視できるようにするために必要なことなのです。 

神経が取れたら最後に根の中を消毒して仮のふたをして次回の治療となります。 

感染根管処置

虫歯が深く進行し、抜髄せずに神経が痛んだまま放置しておくと神経は細菌で侵され、壊死してしまいます。「痛みがなくなった」と錯覚する場合もありますが、これは一層状態が悪くなっているのです。神経を壊死させた細菌は行き場がないため根菅を抜けて根の先から出ていき、時間をかけて根尖病巣という膿の袋を作ります。根尖病巣は体調がよいときは無症状で済みますが、免疫が下がった状態のときは腫れたり、噛むとき痛みを感じたりします。。放置しておくと根尖病巣は次第に大きくなり、抜歯にいたってしまうこともあります。 

そのようにならないためには根の中の洗浄・消毒をくりかえし、根管内の無菌化を目指します。そのための感染根管処置です。 

前歯の根管は1本ですが、奥歯(大臼歯)の根管は3本もしくは4本もあります。 

したがって症状を再発させないまでにはとても時間がかかり、長い時で2~3か月かかる場合もあります。また根管は狭い空間で複雑な構造ですので非常に難易度の高い治療ですが歯を抜かずに残す上では必要不可欠な治療となっています。そのために歯医者さんは一生懸命時間をかけて、日々感染根管治療に取り組んでいます。 

根管内がきれいになれば再感染を防ぐために神経の替わりに薬剤を詰めます。