小児歯科について

・・・

鈴木歯科医院では、乳歯の頃から虫歯にならない様、予防を大切にしています。

乳歯の健康を保つことは、乳歯のかわりに生えてくる永久歯やあごの発育にも大きく影響します。 

また、乳幼児期は生涯を通じて歯の健康を守るため、適切な歯みがきのしかたや食習慣など基本的なことを身につける時期でもあります。 

お子さんのお口の中がむし歯だらけにさせないためにも、親がお子さんのお口の健康に関心をもつことが大切です 

当院の取り組み

1. 歯の治療だけでなく予防を大切にしています。

乳歯の頃から虫歯にならない様、予防を大切にしています。できるだけ初期のうちに治療ができるためにもお子様には定期的な来院を勧めています。

フッ素塗布

シーラント

歯並びのご相談

2. 歯医者を好きになってもらう

お子様の治療に対する不安や恐怖心を和らげるために、治療前に当院の雰囲気や機器に慣れるためのトレーニングを行い、治療中には話しかけながら治療を行っております。

小児歯科の最近の動向

少子高齢社会の現在、どうしても高齢者や介護者の課題が中心になりがちですが、国の将来を担うのは誕生する子も含めて子どもたちです。

近年、むし歯のない子どもは増えてきており、充填(むし歯の穴を詰める治療)や予防処置(フッ素塗布や歯ブラシ指導)が中心になってきています。

しかし、ほとんどむし歯のない子どもとむし歯をたくさんもっている子どもの二極化している傾向がみられるようです。

矯正治療について

矯正治療に関しては、歯並びに問題のある小児から成人まで、

最寄りの信頼のある矯正専門クリニックへ紹介し、矯正治療をお願いしております。